2024年5月26日Krush 161期 – 战卡[全程视频] FULL EVENT REPLAY

Krush118

2024年5月26(日)Krush.161」在东京后乐园Hall举办,头条赛最终结果Riku vs. 藤村大辅晋级决赛。

文章源自武享吧-https://www.hula8.net/k1/krush/72272.html

备用视频登录观看文章源自武享吧-https://www.hula8.net/k1/krush/72272.html

文章源自武享吧-https://www.hula8.net/k1/krush/72272.html
登录看备用视频REPLAY
注册登录后,方可查看

【Krush】璃久が藤村大輔を破り決勝へ、“マッスル”小田尋久が森田奈男樹との空手家対決にKO勝ち、目黒翔大が西元也史を攻略、加藤港が豪快KO、美伶が鮮やかKO、劣勢だった龍翔が一発KO勝ち、プレリムで女子がKO決着:ゴング格闘技文章源自武享吧-https://www.hula8.net/k1/krush/72272.html

文章源自武享吧-https://www.hula8.net/k1/krush/72272.html

▼第8試合【株式会社青山ビジネスコンサルタンツ Presents】第5代Krushスーパー・ウェルター級王座決定トーナメント準決勝(2)3分3R延長1R
×藤村大輔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第6代Bigbangスーパーウェルター級王者)
判定0-3 ※30-28×2、30-29
〇璃久(HIGHSPEED GYM)
※璃久が決勝戦へ進出。
藤村は2015年8月にKrushでK-1グループデビュー。2019年3月の神保克哉戦後、K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに移籍した。2020年3月に小鉄から勝利したものの、8月にMIKE JOE、11月に城戸康裕と対戦して連敗。2022年10月に夜叉猿から勝利を収め、2023年6月のビッグバンにて同団体のスーパーウェルター級王座を奪取した。戦績は15勝(7KO)10敗1分。
璃久は2019年4月に『S-BATTLE』でプロデビュー。2戦目からはシュートボクシングを主戦場とし、4勝1敗の戦績を残す。『NO KICK NO LIFE』や『HOOST CUP』、『NJKF』などに出場し、2023年7月にKrush初参戦を果たすと森田奈男樹を3RでKOしてインパクトを残した。続けて12月のK-1ではアビラル・ヒマラヤン・チーターからダウンを奪って殊勲の勝利。2024年3月のK-1 WORLD MAX -70kg世界最強決定トーナメントに抜擢されたが、デング・シルバにTKO負けを喫した。アグレッシブかつ攻撃力の強さを発揮している。戦績は9勝(5KO)3敗1分。
1R、藤村のジャブに璃久は右カーフ。左インロー、左ミドルを蹴る藤村に璃久は右カーフ。璃久のワンツーに藤村は左フック。藤村が左フックからの右ストレートで前へ出るが、璃久はすぐに右カーフで反撃。これに足を上げ始める藤村。璃久はパンチを見せておいての右カーフ、さらに右カーフを意識させてのボディストレート。しかし、藤村も右の連打で反撃する。
2R、璃久はグローブタッチするように腕を伸ばしたかと思うと、いきなり右ミドルを蹴る。前に出る藤村に右カーフ、藤村は右ストレートと左フックを璃久の攻撃終わりに狙う。右カーフを蹴ってパンチに繋ぐ璃久、それをブロックして右を打ち返す藤村。手数を出す璃久が右カーフで藤村の身体を泳がせるが、藤村はすぐに前へ出て右ストレートと左フックを打っていく。その右ストレートがビッグヒットし、璃久は大きく後退。文章源自武享吧-https://www.hula8.net/k1/krush/72272.html

by hula8.net文章源自武享吧-https://www.hula8.net/k1/krush/72272.html 文章源自武享吧-https://www.hula8.net/k1/krush/72272.html

Krush最后更新:2024-6-3