2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 – 战报[视频]

  • 2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 – 战报[视频]已关闭评论
  • 2,479
  • A+
所属分类:MMA赛事

2019年2月11日(月祝)SHOOT BOXING 2019 act.1在東京・後楽園ホール结束,日本修搏(Shoot Boxing)擂台赛,多次邀请中国选手参赛,下面为武享吧更新的2019年第一期比赛视频。

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

SHOOT BOXING 2019 Act.1
备用:SHOOT BOXING 2019 Act.1

自2002年郑玉蒿参加修搏的S-CUP比赛取得了大奖赛亚军以来,修博多次邀请中国选手参加比赛,并两次组织精锐人马征战中国散打擂台,2007年5月25日修搏于东京后乐园举办日本选手与中国散打国家队五对五的团体对抗战---取名“无双”,此战中国选手1:4大比分失败,除鲍辉判定比粉战胜大野崇外,其余中国选手皆饮恨东嬴,盛华年轻小将徐琰在主将赛中因用肘犯规而错失KO 对手机会,最终被绪形健一击倒。尽管此战失利,日方对于中国选手所表现独特技术和潜力都十分欣赏,并组办新的中日对抗赛事。

2008年4月4日在日本东京后乐园大厅举行了修搏“火之魂”—通向S-CUP 之路 『Road to S-cup』的比赛,主赛为3场中国散打 vs 日本修搏选手的比赛。火之魂赛事与以往的职业赛事不同,他是类似淘汰性质的考验赛,在主赛中获得胜利的选手将有机会参加修搏年度大戏—S-CUP的赛事。

自2004年起“修博”加大了推广力度,以S-CUP为平台,吸引各国高手参与,参加过S-CUP的高手包括:K-1MAX初代冠军克劳斯(Albert Kraus),泰拳冠军“白象”坤勒,UFC轻量级冠军简斯(Jens Pulver),南非前职业拳王维吉(Virgil Kalakoda),而K-1领军人物安迪.苏瓦(Andy Souwer)是02、04年S-CUP的双冠王。能参与S-CUP擂台则意味着获得挤身国际格斗一线好手行列的机会,因此“火之魂”赛事也可以说是中国选手的一个跳板,其重大意义显而易见。

官方详情战报:

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

海人が元ルンピニー王者ポンシリーに圧勝

第10試合

メインイベント 65.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R無制限延長R ※ヒジ打ちあり

海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)

vs

ポンシリー・ポーシリポン(タイ/WPMF世界ウェルター級王者、元ルンピニースタジアムウェルター級王者、ラジャダムナンスタジアム認定ジュニアミドル級2位)

判定3-0 ※三者とも50-46

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]


ガンガン前に出て超接近戦を仕掛けるのがポンシリーの持ち味だが、1Rから海人が圧力をかけ速い左ジャブでポンシリーを下がらせる展開。2R、海人は右ロー、左インローをポンシリーの左足に集中打しペースを握る。ポンシリーが右ミドルを返すと、海人は即座に蹴り返していく。3Rも海人はローだけでなく左ボディブロー。4R、ポンシリーの右ミドルに対し、海人は飛びヒザ、右ストレートと次々にクリーンヒット数を増やす。5R、最後まで海人の攻撃力は落ちることなくポンシリーを追い込んでいく。タフなポンシリーをKOすることは出来なかったが、海人が圧勝した。更多单场战报展开


第9試合

SB日本スーパーバンタム級(55.0kg)エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級王者)

vs

安本晴翔(橋本道場/INNOVATIONスーパーバンタム級王者、元REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者)

判定2-0 ※30-27、29-29、29-28

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

1R、安本がミドル、ハイキック、顔面前蹴りなど蹴り技を駆使するのに対し、植山は右ローからパンチにつないで前進。手数の多さで安本優勢。2R、強引に前に出る植山はボディブローで安本を下がらせる。3R、蹴りをタイミングよく当ててペースを握る安本に、植山は組み付いてスタンディングフロントチョーク。キャッチポイントを奪った植山はさらにパンチで前進。植山が判定2-0の僅差で勝。


第8試合

SB日本女子ミニマム級(48.0kg)エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者)

vs

寺山日葵(TEAM TEPPEN/J-GIRLSミニフライ級王者)

判定2-0 ※30-29、30-29、29-29

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

1R、お互いに様子を伺う展開となり、なかなか手が出ない。MIOは寺山のミドルをキャッチして右ストレート。2R、寺山はMIOの前進に合わせて右ミドル。MIOもワンツーを当て、3Rになると徐々に右ストレートがヒットし始める。鼻血を出す寺山は苦しそうな表情ながらも右ミドルで対抗。MIOが僅差で判定勝利した。


第7試合

68.0kg契約エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり

宍戸大樹(シーザージム/元SB東洋太平洋ウェルター級王者)

vs

笹谷 淳(team COMRADE/元J-NETWORKウェルター級&スーパーウェルター級2階級王者)

判定3-0 ※30-29、30-28、30-28

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

1Rから宍戸はサイドキック、ハイキック、ミドルといった蹴り技主体の攻め。距離を詰めて笹谷はパンチを振るうが手数は少ない。2Rも、回転技を駆使する宍戸がペースを握り、後ろ蹴り、バックヒジと大技でKOを狙う。疲れを見せ始めた笹谷は足が止まってしまい、3Rも宍戸が攻め続け判定勝。


第6試合

62.0kg契約エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

村田聖明(シーザージム/前SB日本スーパーフェザー級王者、SB日本ライト級1位)

vs

ヒンチャイ・オー.センスックジム(タイ/センスックジム/MAX MUAYTHAI -61kg級王者)

判定3-0 ※三者とも30-27

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

1R、ヒンチャイは強烈な右ミドルで村田を驚かせたが、村田は圧力をかけて右ストレート、左ボディを命中させる。2Rには、村田の豪快な右アッパー、右ボディでヒンチャイを下がらせる。3R、村田はアッパーでヒンチャイをぐらつかせる場面も。ヒンチャイはミドルで距離を取り連打を許さない。村田が判定勝ちでリベンジに成功した。


第5試合

SB日本フェザー級(57.5kg)エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

元貴(DAB/SB日本フェザー級2位)

vs

手塚翔太(GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級4位)

判定2-0 ※30-29、29-29、30-28

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

1R、若さ溢れる手塚の攻撃に対し、元貴は冷静にさばいてはプレッシャーをかけてミドルで下がらせる。2Rには、元貴の右ストレートがヒット、さらに3Rになると前方への投げで手塚からシュートポイントを奪った。手塚は早いコンビネーションで対抗するも、主導権を握る元貴が判定勝ちを収めた。


第4試合

SB日本スーパーウェルター級(70.0kg)エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

奥山貴大(ネックススポーツ/グラップリングシュートボクサーズ/SB日本ウェルター級1位)

vs

坂本優起(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級3位)

判定2-0 ※29-28、29-29、29-28

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

1R、プレッシャーをかける坂本に対し、奥山は足をかけてこかすなどテクニシャンぶりを発揮。2Rになると、接近戦を仕掛けた奥山が飛びヒザの連打で坂本を追い込む。3R、坂本は自分のペースで戦おうとパンチで前に出るが、奥山はタイミングよく前蹴りで距離を取り有効打をもらわない。奥山が判定勝ち。


第3試合

SB日本女子ミニマム級(48.0kg契約)エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

MISAKI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本女子ミニマム級1位)

vs

MARI(ナックルズGYM/NJKFミネルヴァ ピン級王者)

判定3-0 ※30-29、30-29、29-28

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

1R、ゴングと同時に突進するMISAKIに対し、MARIは打ち合いに応じ組み付いてはヒザ蹴り。MISAKIはスタンディングチョークも狙う。3RもMISAKIは前進し続け左ボディをめり込ませ連打につなげる。圧倒的な手数で勝ったMISAKIが判定勝ち。


第2試合

SB日本ヘビー級   エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

斐也(チームドラゴン)

vs

マウンテンRYUGO(Ten Clover Gym)

判定3-0 ※28-26、28-26、28ー25

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]

1R、ヘビー級戦らしく迫力ある打撃戦を繰り広げる両者。斐也が投げてシュートポイントを奪うと、2Rにはマウンテンが投げ技をやり返す。3R、斐也が強打を当ててダウンを奪うと、ここからさらにヒートアップ。お互いに1回ずつ投げ技でポイントを奪い合う展開に。斐也が判定勝ちした。


第1試合

67.0kg契約  フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R

村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級)※義光から表記変更

vs

石本裕一(GONG-GYM坂戸/SB日本スーパーライト級)

KO 1R2分41秒 ※左ヒザ蹴り

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]


1R、左ミドルでアグレッシブに攻める村田が石本のボディにテンカオを突き刺して見事にKO勝ちした。

対戦カード・出場選手

▼第10試合 メインイベント SB日本スーパーライト級(65.0kg) エキスパートクラスルール 3分5R無制限延長R ※ヒジ打ちあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
vs
ポンシリー・ポーシリポン(タイ/WPMF世界ウェルター級王者、元ルンピニースタジアム認定ウェルター級王者、ラジャダムナンスタジアム認定ジュニアミドル級2位)

▼第9試合 SB日本スーパーバンタム級(55.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級王者

vs
安本晴翔(橋本道場/INNOVATIONスーパーバンタム級王者、元REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者)

▼第8試合 SB日本女子ミニマム級(48.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者)
vs
寺山日葵(TEAM TEPPEN/J-GIRLSミニフライ級王者)

▼第7試合 68.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
宍戸大樹(シーザージム/元SB東洋太平洋ウェルター級王者)
vs
笹谷 淳(team COMRADE/元J-NETWORKウェルター級&スーパーウェルター級2階級王者)

▼第6試合 62.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田聖明(シーザージム/前SB日本スーパーフェザー級王者、SB日本ライト級1位)
vs
ヒンチャイ・オー.センスックジム(タイ/センスックジム/MAX MUAYTHAI -61kg級王者)

▼第5試合 SB日本フェザー級(57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
元貴(DAB/SB日本フェザー級2位)
vs
手塚翔太(GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級4位)

▼第4試合 SB日本スーパーウェルター級(70.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
坂本優起(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級3位)
vs
奥山貴大(ネックススポーツ/グラップリングシュートボクサーズ/SB日本ウェルター級1位)

▼第3試合 SB日本女子ミニマム級(48.0kg契約) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MISAKI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本女子ミニマム級1位)
vs
MARI(ナックルズGYM/NJKFミネルヴァピン級王者)

▼第2試合 SB日本ヘビー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
斐也(チームドラゴン)
vs
マウンテンRYUGO(Ten Clover Gym)

▼第1試合 67.0kg契約 フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R
村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級)※義光から表記変更
vs
石本裕一(GONG-GYM坂戸/SB日本スーパーライト級)

2019年2月11日日本修搏Shoot Boxing act.1 - 战报[视频]